« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »

2018/08/29

問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。

Fotolia_193093507_xs

問題は自分の外にあると考えるならば、その考えこそが問題である。
- スティーブン・R・コヴィー -

問題を他人や環境のせいにするのは、とっても楽。

でも、本当はその問題を解決できる人間にならなければならない。

周りのせいだと考えてしまった時点で、自分の能力の範囲、行動の範囲、自由の範囲を制限してしまう。

自分の自由の範囲を、自分自身で狭めてしまうのは、本当にもったいないことだと思う。

PHOTO:© ra2 studio-Fotolia.com

2018/08/20

演じるにしても。

Fotolia_181081561_xs

前回の続きの話。

仕事は演じることだと言ったが、やっぱりエキストラしかできない人が、いきなり大河ドラマの主役は演じられないように、その役割にあったスキルを身につける必要はある。

で、もしその役柄を演じられないのなら、それはそれに見合うだけの努力をしなければならないのは当たり前。

できるできないではなく、努力できるかできないかだけなのだと思う。

PHOTO:© disq-Fotolia.com

2018/08/10

役割を演じること。

Fotolia_211082375_xs

仕事とは、好きとか嫌いとか関係なく、与えられたその役割を演じるだけなんじゃないかと、最近特に強く思う。

演劇と同じで、その与えられた役柄を演じるまで。

ボクは社長を演じているだけ。
あなたは営業部長を、あなたは総務課長を演じているだけ。

『演じているだけ』と思えれば、気が楽になると思わない?

PHOTO:© metamorworks-Fotolia.com

2018/08/06

不機嫌は罪である。

Fotolia_181997791_xs

齋藤孝氏の著書『不機嫌は罪である』を読んだら、いきなり「男性は40歳過ぎたら、普通にしてても不機嫌に見えると思った方がいい」と書いてあった。

組織心理学の見地からも、職場の空気が重かったり不機嫌な人がいると、組織全体のパフォーマンスが下がると言われているそうで、上機嫌でいることは今や「職務」なんだそうな…。

『面白くなくても、にっこり笑っていると、だんだんうれしい感情がわいてくる』

これは女優、樹木希林さんの言葉。

こんな人になれるように、ぼくも努力しなきゃ。

PHOTO:© Teodor Lazarev-Fotolia.com

« 2018年7月 | トップページ | 2018年9月 »