« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015/02/27

踏ん張り時。

Fotolia_78179175_xs

人生には必ず踏ん張り時がある。

苦しくて辛くて、できれば逃げたいって思う時が必ずある。

そんな踏ん張り時に、すぐ言い訳をして逃げ出してしまう人がいる。

もちろん、精神や体を壊してまで踏ん張れとは言わないが、はたから見てて「オイオイ、今が踏ん張り時だぞっ!」ってところで、ヘコヘコと逃げ出しちゃうヤツを見ると、なんとももったいない気持ちになる。

踏ん張れば自分の成長にもなるし、次にまた辛く苦しい局面を迎えた時にはこの経験が生き、「あの時も何とかなったから今回も何とかなるさ!」とポジティブ思考になれて局面を打開できるかもしれないが、逃げちゃう人は逃げグセがついちゃって、その後も逃げてばかりの人生になりかねない。

不安定な今の世の中を、ある程度自信を持って過ごせるようになるためには、踏ん張り時に踏ん張った経験が大切なんだと思う。

PHOTO:© Sergey Nivens - Fotolia.com

2015/02/21

『遊び』。

Fotolia_48447702_xs

工学の世界で言う『遊び』とは、操作が実際の動作に影響しない範囲のこと。

いちばん身近なのは車のハンドル。

あれ、もし『遊び』がなくハンドル操作がダイレクトに車の挙動と直結していたら怖くて運転なんてできない。

これ、世の中にも言えると思う。

細かなことにいちいち目くじらを立てて規制や規則でがんじがらめな昨今だが、も少し『遊び』があってもイイのでは?

「この位イイじゃないっ!」って許しあえる世の中の方が、気持ちよく過ごせると思う。

何ごとも、適度な『遊び』は必要なのである。

PHOTO:© beeboys - Fotolia.com

2015/02/14

確信。

Fotolia_74840986_xs

以前、「わかりあえないことをわかる。」にて、「いくら言っても、わかってもらえない人にはわかってもらえないものだ」と書いたのだが、そのような話題をとある人としたら、「そんな事はない!誠心誠意話し合えばきっとわかりあえるはずだ!」と返された。

ああ、やっぱりわかりあえない人ってのはいるもんだなぁ~。

PHOTO:© rodjulian - Fotolia.com

2015/02/06

お題目だけじゃダメ。

Fotolia_63445035_xs

いじめられないようにするには、自分が強くなって立ち向かうか、強い味方をつけることが基本。

いずれにせよ「コイツをいじめたら厄介なことになるな」と相手に思わせることが大切。

「ボクは殴らないからあなたも殴らないでね」と言って「あ、そうか」と考えを改めるいじめっ子なんていないでしょ?

これ、国家間でも同じで、日本が「ボクは戦争をしないからあなたも戦争を仕掛けてこないでね」と言ったって、「で?」って言われるだけ。

いくらお題目を唱えたってダメなのだ。

PHOTO:© sakura - Fotolia.com

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »