« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013/03/20

タンブン。

111009_111157

前々回からの続きになるが、なぜ奥さんの国タイでは、平等イコール公平にならないのかを考えたら、タイにはタンブン(徳を積む)という仏教的概念があって、この言葉が『公平』の意味を兼ねているからのようなのだ。

タンブンとは、“現世で身に降りかかる出来事のすべては、前世での徳の高低によって決定される”と考える輪廻転生の概念がベースになっており、徳を積めば積むほど高くなり、それは次の転生時まで持ち越すことができるんだそうな。

で、現世が幸福なのは前世で積んだ徳が高かったことを示し、現世が不幸な人は前世での努力が至らなかったことを表しているんだそうな。

お寺に寄進したり、托鉢する僧侶に施したりするのはもちろんのこと、恵まれない人に援助をしたり、物乞いに施しを与えるのもタンブンなんだそうで、これは恵まれない人の為ではなく、より良い自分の来世の為の行為なんだそうな。

そう言えば日本にも「情けは人の為ならず」ということわざがある。
人に情けをかければ、それは巡り巡っていつか自分に返ってくるから、人に親切にしなさいという意味。

このことわざがタンブンの考え方に近いのかもしれない。

人に何かをしてあげて、救われるのは実は自分であるということ。
人の役に立っていると感じることで、充足感を感じるのは自分自身だということ。

タイ人ならタンブンをするのは当たり前なので、声高に平等について語る必要がなく、結果的に平等イコール公正の概念が根付いたのだろう。

でも日本の場合、「情けは人の為ならず」ということわざでさえ、“情けをかけすぎるのはその人を甘やかすことになり、その人のためにならないから控えよう”と勘違いしちゃう人が多い程なので、なかなか難しいのだろうけど…。

2013/03/12

公平と公正。

Fotolia_43168783_xs

前回の話で『公平』と『公正』という言葉が出てきたが、よくよく考えてみると、この公平と公正の言葉の定義もイマイチ曖昧だ。

公平とは、バランスの取れた状態。強き者と弱き者がいれば、弱き者を支えてバランスをとること。
公正とは、やった分だけが報われる状態。頑張ったら頑張った分だけ報われ、頑張らなかった者はそれ相応しか報われないこと。

こうやって文章にすると、日本人的感覚ではやはり公平であるべきだと思ってしまうが、頑張っているのに運やタイミングなど、本人の努力ではカバーしきれない別の要因のせいで弱き者の立場にいる者と、なるべくして弱き者の立場にいる者とでは、その取扱いをキチンとわけるべきであることを付け加えたい。

公平では有るべきだが、なるべくしてなった弱き者を、血の滲む努力をして強き者の立場になった者が支える筋合いが本当にあるのだろうか?

そこは薄っぺらい公平論で片付けず、キチンと論議すべきとこなのではないだろうか?

PHOTO:© eyeblink - Fotolia.com

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »