« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013/01/29

体罰。

Fotolia_53610913_xs

体罰はいかんっ!
そんなことは誰でもわかっている。

でも、どこから体罰なのか?
その基準が人それぞれだから厄介なのだ。

ボクの中では、相手が悪いことをした際、こらしめるために加減をしながら叩くんだったら、場合によっては『あり』だと思っている。

ボクの高校時代の実体験を振り返っても、宿題を忘れたり、授業中にこっそりマンガを読んだりガッツリ寝てるのがバレた時、定規で手の甲をペチッっと叩かれたとか、こめかみをぐりぐりされたとか、耳やモミアゲをギューって引っ張られたとか、デコピンされたとか、数え切れないほどやられたけれど、こんなのはこっちが悪いんだし、この程度は体罰だなんて思っていない。

ましてや、部活の合宿中に女子の部屋に入ろうとしてみつかって、顧問にグーで脳天パンチを喰らったり、荷物検査でカバンからエッチなビデオが出てきて、正座させられた上にスリッパで頭をはたかれたとか、これもこっちが悪いので、やられたボクとしては体罰されたなんて思ってもいない。
(ってか高校時代のボク、何をやってたんだか…)

ただ、コーチや先生のイライラ解消のためとか、「気合を入れるため」と言った理由では全くダメで、幸いにしてこのような体罰の経験はボクには無い。

これは本当の体罰で、原始的というか非科学的というか、バカバカしいし、何よりやられた側が納得のいくものではないと思う。

だから、相手に非がある際の軽い戒めとして行われる行為までを『体罰』という言葉で一括りにしてはいけないとボクは思う。

組織を維持するためには、ある程度の恐怖政治は必要だとボクは思っている。
でないと、規律を守らない者をのさばらせ、やった者勝ちの組織になってしまうから。

これがボクの基準。

こんなことを言うと“体罰容認派”なんてレッテルをはられちゃいそうだが、体罰という言葉の定義がそもそも曖昧で、狭義の意味での体罰はボクも認めていないってことを理解してほしい。

PHOTO:© Mat Hayward - Fotolia.com

2013/01/23

肩書の重さ。

09 いやぁ~、社長に就任してからというもの、何かをここで書きたいと思っても、『社長の肩書』が「ここで変なことを語ったらヤバイんじゃね?」と耳打ちしてきて、結局何も書けないでいます。

昨今の体罰問題とか、超語りたいことがあるんだけど、いろいろ誤解されちゃいそうだからやっぱり書けないや…。

ましてや、キャバクラへ行った話なんか、白い目で見られそうで書けないよ…。

こんなふうに躊躇しちゃってるボクですが、これでは“裏日記”のタイトルに偽りありなので、次回以降、も少し本音を語ってゆきたいと思います。

どうぞ、寛大な心で読んであげてくださいm(__)m

2013/01/07

あけましておめでとうございます。

Midoshi

新年あけましておめでとうございます。
ヤシカ車体は本日より仕事はじめです。

私事ですが、ボクって今年、厄年なんですね。

今年で41歳なので来年だと思って悠長にしていたら、厄年って“数え年”で数えるんですね?
焦りましたっ!

でも、っていうことは、昨年既に前厄だったってことで、知らずに1年を無事に過ごしちゃったので、いっそのこと今年も知らなかったことにして、このままやり過ごしちゃおうかな?

ってわけにもいかないようなので、近日中に厄払いしてきます。

そんなこんなでなんだか幸先悪い新年を迎えてしまいましたが、キレイに厄を落としてきますので、どうぞ今年もよろしくお願い致します。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »