« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012/09/27

サンプル数と差別。

Fotolia_55319702_xs

先述の人種差別の話とサンプル数の話は繋がっている。

あなたが何処かの国を差別的に見ていたとして、では実体験として差別に至ったサンプル数は何人?

きっと、多くても片手で足りる程度なのではないか?

ボクはハッキリ言って朝鮮系の人が苦手だと感じていたのだが、それでも改めて数えてみたら、実体験で「この人イヤだな」と感じたサンプル数は4人だった。

では逆に、ボクがこれまで出会ってきた朝鮮系の人は何人だろうと数えると、ちょっと数え切れない。

恐らく“会話をしたことがある”程度まで含めたら200人位になるんじゃないだろうか?

すると、確率的には2%。

そりゃ世の中、どこだって2%程度のイヤなヤツやダメな奴はいるさと思えば、少なくとも“人種”と言う括りでの差別が、どれほど愚かなことだかわかるのではないだろうか?

まあ、それでも少ない也に実体験に基づいたうえでの差別なら、まだ仕方ない面もあるかもしれないが、テレビやネットで得た情報とか、噂で聞いただけの情報で、差別の図式を構築させるのは絶対やめようよ。

基本的に、テレビや噂ってものは突飛なモノに食いつくもの。

だって、風変わりだからこそニュースや話題になるんだもん。

PHOTO:© lassedesignen - Fotolia.com

2012/09/21

傾向とサンプル数。

Fotolia_2825835_xs

ボクの中での定説がいくつかある。

『○○という名前の子はカワイイけど尻軽』とか、『○って漢字を使った名前の子はみんなブス』とか。

で、じゃあその定説の根拠になったサンプル数を数えてみたら、カワイイけど尻軽な○○さんは3人。

○って漢字を使った名前のブスは2人で、傾向を語るほどのサンプル数ではなかった。

なので、やっぱりステレオタイプで人やモノを見るのは危険だね。

「茨城の人は口下手で冷静さに欠ける」とか言われるけど、饒舌な人もたくさんいるし、冷静な人だって多いもん。

まあ、茨城県人であるボク自身は、まさしく口下手で冷静さに欠ける男なんだけどね…。

PHOTO:© Tom Mc Nemar - Fotolia.com

2012/09/07

偏狭なイメージ。

Fotolia_34616787_xs

タイという国に係わってかれこれ20年。
自分は一般的な人が思うタイに対する感覚が全然わからなくなってしまったので、『タイってどんなイメージ?』とちょっとヒアリングしてみたら、いやあ、出るわ出るわ、タイに対するマイナスイメージ。

■政治混乱。デモ。
まあ、確かにそうなんだけど、ドンパチやったりデパートが燃やされたりってのはほんの一時期、しかもほんの一部の地域であって、一般市民はあの時も普通に生活してたんだけどなぁ…。

■スリ。殺人事件。危険な場所。
ボクは今まで一度もスリに遭ったこともなければ、殺傷沙汰になったこともないよ。
酔っぱらって道端で寝ちゃったこともあったけど、何も盗られず無事だったよ。
まあ、この行為自体は推奨しないし、たまたまボクが大丈夫だっただけなのかもしれないけど、まあ少なくともみんなが思うほど危険じゃないよ。

■スラム街。貧乏。
タイにはスラム街と呼ぶようなところはほとんどないよ。
映画「スラムドッグミリオネア」(インドの話)とか、テレビでたまにみるフィリピンのスラム街とかのイメージが強いのかな?
タイも貧乏な人は確かに多いけど、貧乏は貧乏なりに明るく暮らしてる人が多いし、それなりに小ざっぱりしていて、日本の乞食とかとはちょっと違うんだよなぁ~。

■汚い。臭い。
まあ、一部ドブ川とかは匂うし、トイレは習慣が違うので抵抗があるのは事実。
けど、基本的にタイ人は洗濯が大好きで1日に何回も着替えるし、清潔感に関しては日本人以上に意識している人が多いぞ。
料理は、ナンプラーとかパクチーのニオイが苦手な人には確かにキツイだろうけど、慣れればホントに美味しいんだよ。

■性風俗産業。買春ツアー。
ボクも「お世話になったことは無い」と言ったらウソになるが、決してそれだけではないんだぞ。
一部のエリアはそれ専門の街になってたりするが、それは日本の歌舞伎町だって一緒。
日本全体から見たら歌舞伎町はほんの一角なのと同じで、タイだってそれはほんの一角、ごく僅かなエリア。
その産業に従事している人の割合だって、日本と大差ないハズだぞ。

■人身売買。臓器売買。
これは闇の世界なので真偽のほどはボクも定かではないけれど、やっぱり映画の影響が強いんじゃないかな?
以前も書いたけど、映画「闇の子供たち」ってのは、“世界のどこかで起こっている問題を題材に、タイを舞台にした創作”と製作サイドも言っているフィクション。
少なくとも、一般人においてはこんな話、聞いたことないぞ!!

タイは観光地としてメジャーな国だし、自分の中ではまったく危険な国でもなく、清潔でご飯も美味しく、いろんな面で日本に近い国という印象が強いのだが、タイに一度も来たことがない人にとっては、あまり良い印象を持っていない人が多いようだ。

どうも、東南アジアからインド辺りまでの負のイメージがごちゃ混ぜになって、それら全てがタイのイメージに置き換わっているようだ。

まあ、確かにボクも、アフリカとか東ヨーロッパとか、どこの国がどうで何がどう違うのかイマイチわかっていないので、東南アジアが身近でない人にとっては、タイもインドもフィリピンもみんな一緒なのだろう。

ただ、タイと言う国と深く係り合ってきたボク的には、どうかそんな偏狭なイメージから、一人でも多くの日本人が脱却してくれればと願ってやまない。

イチバン良いのは、ボクと一緒にタイに行けば、きっとこんなイメージは払拭されてタイが大好きになるハズ。

なので、ボクと一緒にタイへ遊びに行きませんか?

PHOTO:© focusp - Fotolia.com

2012/09/01

人種差別。

Fotolia_31258129_xs

ボクの奥さんはタイ人だ。

タイ王国で生まれ、普通にタイの学校へ通い、普通にタイで就職し、縁あってボクと知り合い結婚し、今は日本で暮らしている。

これまでの彼女の行いからして、差別されるようなことは一切やっていないし、未知の土地である日本へやって来て、妻として、母親として、人として立派に過ごしている彼女を、ボクは尊敬に値すると思っている。

なのに、タイ人だと言うだけで、差別をする人が居る。

タイ人の何が悪いのだろうか?

確かにボクもつい「韓国人は人の話を聞かない!」とか「中国人は図太くて横柄だ!」とか、人種で一括りに言っちゃう時があるが、それでもイイ韓国人や中国人をボクは知っているので、その人個人の資質の問題で“批判”することはあっても、人種を理由に“差別”をする気はない。

人種毎の傾向ってのはあると思うが、だからと言ってステレオタイプで判断するのはやっぱり良くない。

人の話をよく聞くおとなしい韓国人も居るし、謙虚な中国人だって実際にはたくさん居る。

人の話を聞かない図太くて横柄な日本人だってたくさん居る。

偏狭なイメージだけで人種差別をせず、その人個々人の中身を見ようよ。

PHOTO:© bojorgensen - Fotolia.com

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »