« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010/02/22

役に立ちたいと想う力について。

Gum04_ph09007会社は儲かることが大前提だ。

なので、役に立つことだけを考えちゃうと、それはボランティアの世界に入ってしまい、その会社は倒産してしまうだろう。

前回と言ってることが違うじゃないか!と突っ込みたくなるだろうが、ちょっと待って!

ボクが言いたいのは、儲かるためには?って一生懸命考えれば、それは人の役に立つことに辿り着くってことだ。

要は、役に立つことを目的にするのではなく、儲かるための手段として役に立つことを考えろと言うこと。

そうすれば、お客と会社の双方が、WIN×WINの関係を築け、磐石になれるのだ。

2010/02/08

役に立ちたいと想う力、再び。

Gum02_ph08052役に立ちたいと想う力は、何も個人だけじゃなく、組織も同じだ。

会社の理念とか哲学ってものに、誰かの役に立ちたいという想いがなければ、その組織は長続きしない。

どんなに技術力があっても、その技術を人の役に立てるために使わけなければ、感謝されることはない。

お金は、感謝の後で勝手について来るものなのだ。

2010/02/01

役に立ちたいと想う力。

Gum02_ph01030_2どんな仕事でも、誰かの役に立ちたいという想いがなければ長続きはしない。

逆に、役に立ちたいという想いさえあれば、知識や経験はあとからついて来る。

仕事を習得するイチバンの近道は、役に立ちたいという想いなのである。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »