« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008/08/25

いいあんばい。

018905以前、この日記のどこかで『いいあんばい』という言葉を、『いい塩梅』と書いたそうなのだが、それを読んだある人から字が間違ってるよとの指摘を受けた。

で、じゃあどんな字なのかと調べたところ、『いい按排』という字を使うそうな・・・。

この「按排」という言葉は、上手く処置するとか、具合良く並べるという意味だそうで、まあ意味的には確かにこっちが正しい。

ちなみに、「塩梅」とは塩と梅酢を合わせた調味料のことを指すのだそうで、その味加減が良いことを「いい塩梅」と言うのだそうな。

でも、どちらも“良い具合にする”という点では同じなので、今では混同され、どちらを使っても間違いではないのだそうな。

ボクは、「いいあんばい」という言葉を、勢いやその時の感覚でパパッとやる場合に使っているので、そう意味では「いい塩梅」の方が合っている気がするのだが・・・。

「按排」だと、何だかも少しキチンとやるイメージがない?

と言うことで、ボクはやっぱり「いい塩梅」をメインに使うことにします。

2008/08/11

機会。

03700xフランスの作家、シャンフォールの格言にこんな言葉がある。

「機会が二度も扉を叩くと思うな」

何事も大切なのはタイミングで、そのタイミングを誤ってしまえば、どんないい話だって流れて行ってしまう。

『イイ!』と思ったら飛びついて、『ダメだっ!』と思ったときには離れればイイだけで、飛びつかなかったら一瞬たりともゲットすることすらできない。

もっとイイ波が来るかもなんて思って待っているよりも、まずは波に乗ってみることが大切なのでは?

手を出さずに機会損失するよりは、手を出して失敗した方が、まだイイ。

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »