« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008/04/21

小さな成功体験。

F0943356人が自分の意志で行動するようになるためには、周りがどんなに言葉で言ってもダメだ。

「○○するべきだ!」「××しなきゃダメじゃん!」って言ったって、本人にその気が無かったら意味が無い。

で、じゃあどうすればイイのかと言うと、小さな成功体験をさせてやることが大切なのだ。

やって欲しいことをこちら側できっちりお膳立てしてあげて、一度成功を体験させてあげることがイイのだ。

そうすると、そのことに対する興味や喜びが生まれ、やがて意志も芽生えてきて、そのうちそれが遣り甲斐にもなってゆく。

何事も、体験するのがイチバンなのだ!

2008/04/14

マイペンライ。

3496359最近の若者はプロ意識が低い。

「こんなもんでイイか」のこんなもんのレベルが低いのだ。

でも、そんな時、ボクの強みはマイペンライ(どうにかなるさ)が蔓延しているタイ人社会に馴染んでいるということ。

彼らタイ人は、老若男女今の日本の若者のような思考回路で、仕事に対してプロ意識が弱いと言うか、率先して自分の仕事のレベルを上げようとしない傾向があり、『まぁいっか、こんなもんで』で済ます人の割合が多いのだ。

なので、いい大人ですらタイではそうなのだから、イマドキの日本の若者がテキトウだとしても、全然驚かないし、ガッカリしない。

で、そんなもんだと思って接していれば、イラつきもしないし、微笑ましくさえ思えてくるのだ。

要は、必要以上に期待してはダメで、そんなもんだと割り切って、そんな若者たちをどう使いこなせるかに思考を馳せたほうが良いということ。

愚痴ったって、若者の思考が変わるわけではないのだから・・・。

2008/04/04

自由。

5197161『自由』という言葉をはき違えている人が多い。

自由にやれと言うと、“何もやらない”を選択する者が多いのだ。

自由とは、自らを自律的に統御して自発的に行為することを言うのであって、勝手気ままなことを自由とは言わない。

ましてや、自由に“やれ”と言ってるのだから、こちらの意図では何かしらを“やる”ことが前提であって、“やらない”という選択肢はその時点で間違いなのに・・・。

まあ、自らを自律的に統御出来ない人に「自由にやれ」と言う方もどうかと思うが・・・。

とにかく、「自由」という言葉は解釈によって全く別の意味に捉えられかねないので、使うほうが気をつけるのが賢明だろう。

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »