« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006/08/31

山本五十六。

059yisoroku2マネジメントを勉強するようになってから、いろんな歴史書を読むようになったが、その中でも山本五十六のあの有名な言葉は、真髄を突く名言中の名言だと思う。

やってみせ 言ってきかせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ

まさにその通りである。

しかし、この名言にはつづきがあるのをご存知だろうか?

話し合い 耳を傾け 承認し 任せてやらねば 人は育たず

やっている 姿を感謝で 見守って 信頼せねば 人は実らず

これらの言葉、もう好きにしてっと身を任せたくなっちゃうほどマトを得ていて気持ちイイ。

こんな懐の深い男になりたいと思いつつ、些細なことで怒り、心配になってはつい手を出してしまっている自分が情けない・・・。

2006/08/29

最初の一歩。

Gum02_ph01057最初の一歩を踏み出すのは勇気のいることで、なかなか人ってその一歩を踏み出せない。

だってそのままでいれば良くも悪くもならず、変化しないと思っているから。

でも、本当に踏み出しさえしなければ、変化は無いのだろうか?

そんなことは無い。

足元の地盤が崩れたり、何かが飛んできたり、誰かが割り込んできたりで、決して安泰で居られるはずは無い。

だったら勇気を出して、自ら一歩を踏み出すべきだろう。

その先には、もしかしたらオアシスがあるかもしれないのだから。

2006/08/25

何を売るのか。

Dsc02646仕事とは、基本的に何かを売ってその対価を得る行為である。

でも、それってその売ったモノ自体に価値があるのかと言うと、そうでもない。

では、なぜ売れたのか?

それは、そのモノなりサービスなりを介して、問題の解決を提供したからである。

○○したい、××をもっと△△にしたい、というお客様の要望が満たせるモノを提供できた時、モノは売れるのである。

なので、モノを売ろうとするのではなく、問題を解決してあげようというスタンスで居ることが、売れる秘訣なのである。

2006/08/22

食塩錠。

Dsc07258_1暑いね・・・。ι(´Д`υ)

これ、我が社の給湯室の一角の写真なのだが、水サーバーの上に食塩錠が置いてあるのわかる?

ウチの工場は大型トラックも出入りする建物なので、もちろんエアコンなどあるはずもなく、一応扇風機が動いてはいるものの、サウナのように暑いのだ。

そのため、発汗で失われたナトリウムを補給しないと、熱中症に陥りかねないので、塩のかたまりを置いておいて、ヤバくなりそうになったら適時これを飲むように勧めているのだ。

この時期、ヘタにスポーツジムに行くよりも、工場で作業していた方が痩せるのは確実だ。

みんな、いつもホントにご苦労様。m(__)m

2006/08/20

で、何が言いたいの?

Comu02_pho_01モノゴトの正しい流れは、起承転結と言われている。

でも、これって伝える能力の低い人がやっちゃうと、「で、何が言いたいの??」って言われちゃうのがオチだ。

なので、そのような人は結論から先に言い、どうしてそのような結論に至ったのかを後から説明した方が絶対イイ。

ボクも伝え下手なのだが、これを意識するようになってから、少しだけ上手く行くようになった。

まわりくどく言うよりも、ズバッと結論から言う。

ちょっと意識するだけで、驚くほどの効果があるはずだ。

2006/08/15

靖国論in中国。

39251aadc0cf12dc28026a3dc12c9ef8今日、これから日本へ帰ります。

さて、小泉総理が今日、靖国神社を参拝したようで、こちらのニュースではけたたましく報道されているが、一方、街に繰り出して市民生活を見てみると、それほど関心が強いようには見えず、いつもと変わらない感じだ。

日本も中国も、メディアが騒ぎ過ぎなだけなのではないだろうか??

そもそも、なぜ靖国を参拝してはいけないのだろうか?

A級戦犯だって既に戦争責任を受け、刑に処されているのだから、これ以上の責任追及が必要なのだろうか??

日本人が日本人の英霊を参って何がいけないのだろうか???

中韓各政府は、国内政治安定のために靖国問題を利用しているだけなのは明白なのだから、せめて僕たち日本人がキチンとアイデンティティーを持ち、一枚岩になる必要があるのではないだろうか?

2006/08/11

ちょっとロマンス?(*・∀・*)

Dsc00430大連から丹東に向かう前に、大連にある某物流企業を訪ねた。

一方、社長たちは金石灘でゴルフを楽しんでいるため、そこまで一人で向かわなければならない。

すると、その事情を知った所長さんが、会社の車でボクをゴルフ場まで送ってくれると言うので、お言葉に甘えさせていただいた。

しかも、道中その会社の中国人女性スタッフがずっとエスコートしてくれたので、電子辞書を介しながらも会話を楽しみながら向かうことができた。

また大連に来たくなった。

2006/08/10

乾杯。

Dsc00368乾杯と書いてカンペーと読むこの言葉、もうしばらく聞きたくない・・・。

中国では乾杯はマンツーマンで行われ、乾杯しようと相手から誘われたら基本的には断れない。

しかも、ちょっと口をつけるなどという生半可なものではなく、一気に飲み干さなければならないのだ。

(ちなみに、“随意”という言葉があり、コレを言えば飲み干さなくてもイイらしいが・・・)

さらに白酒と書いてバイチュウと読むこの酒は、52度ものアルコール度数を持つシロモノ!!

もちろん白酒の他にビールに紹興酒、ワインも出てきて酒のオンパレードで、一体何を何杯飲んだのやら・・・。

昨日、どうやってホテルまで帰ったのか、いまひとつハッキリ覚えてません・・・。

2006/08/09

大連に来ています。

Dsc01057仕事で中国の大連に来ています。

北方の香港と呼ばれる人口580万人を擁する巨大都市大連。

どんな出会いが待っているのか、超楽しみっ!

2006/08/08

標準化する。

2a4煩雑な様々なことをその人、その時でマチマチに行なっていると、ほぼとんでもないことになる。

そこでいつでも、どこでも、誰でも、共有できるよう、同じルールを用いて標準化を図る必要が出てくるのだ。

例えば我々トラック業界で言えば、海上コンテナには20フィートや40フィートといった国際統一規格がある。

このため、どの国に行こうとも、トレーラーや鉄道への積み替えや輸送が可能になるのだ。

これ、「んなの当たり前だろ!!」と言うかも知れないが、では、何故多くの中小企業で働く人たちは、業務プロセスや作業手順などの標準化になかなか着手しようとしないのだろうか??

モノに規格というルールがあるように、人と人とが接するところにもルールが絶対必要になる。

しかも、手順やプロセスをはっきりさせれば、守るべきこととやってはいけないことが明確になり、迷う必要がなくなるのだ。

なので、一度出来上がればその後の雑多な問題から開放されるハズなので、面倒がらずに取り組んでみることをオススメする。

2006/08/02

言わせないようにさせてる。

Message6「なんで報・連・相をキチンとして来ないんだ!」と部下を叱っているそこのアナタ!

それはきっと、アナタがそうさせているのだ。

過去に「もっと自分で考えろ!」とか、「そんなことも自分で判断できないのか!」などと叱ったことはないだろうか??

これ、部下にとっては先述の報・連・相とは正反対のことで叱られたことになり、むっちゃ矛盾しちゃっていて、どの場面ではどう対応すればいいのかの判断基準がわからなくなっちゃっているのだ。

なので、どちらかにプライオリティーを置き、片方は当面の間諦めることからはじめてみよう。

ボクの場合、報・連・相の徹底を推進したいので、『こんなことくらい・・・』ってイラッ(-∀ー#)と来ることをイチイチ聞かれたとしても、笑顔で対応するよう心掛けている。

まっ、ついつい感情にまかせて怒鳴ってしまうこともあるので、まだまだなのだけどね・・・。

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »