« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »

2006/02/28

いざバンコクへ。

DSC03795今日は午前中、チェンマイをざざっと観光して、午後からバンコクに移動して、労働省を訪問し、事務次官と雇用局長を表敬訪問した。

ここでもヒシヒシと歓迎と期待を感じ、雇用と投資にそれなりの責任を果たさねばと感じたのであった。

2006/02/27

BOI投資委員会。

DSC03579チェンマイの夜って静かなのね・・・。

ナイトバザールをチラッと見ただけで帰ってきちゃった・・・。

で、今日は朝から過密スケジュール。

DSC03589まずはBOI投資委員会のチェンマイ事務所を訪問し、タイ、特に北方8県への進出と投資について、いろいろとお話を伺った。

安い給与水準と地代、優秀で豊富な人材、さらには税金等々の恩典が厚く、とても魅力的であった。

DSC03599続いて日系企業の現地工場を幾つか視察し、さらには労働雇用局のランプーン県事務所を視察して、ホテルに帰ってきたのは午後6時過ぎ。

とっても勉強になったが、ハッキリ言って疲れた・・・。

2006/02/26

いざ、チェンマイ。

DSC03515在京タイ大使館主催の「タイ労働事情調査視察団」というのに参加して、これからチェンマイに行ってきます。

タイには何度も訪れているのだけれど、実は僕、初チェンマイ。

バンコクやイサーンとはまた違った文化や景色があるんだろうなぁ~。

超楽しみ。(・∀・)

では、行ってきま~す!!

2006/02/25

悪しからず。

imageこのブログのタイトルの由来を聞かれたので答えましょう。

このブログを始める前、僕は会社のホームページで日記を書いていてそこでココと同じようなことを書いてたんだけど、やっぱり会社のホームページとしては不適切な内容も多くて社内で少々問題になっちゃったので、『じゃあ会社の外で書く!』ってことで飛び出したのがココというわけ。

なので、このブログを指して「ここではない何処かへ」と言ってるわけではなく、元居た場所を指して「ここではない何処かへ」と言ってるというわけだ。

ところで、何人かの経営者の方やら何やらから、「あのブログじゃ販促に繋がらないよぉ~

」って言われるんだけど、そもそも販促のために書いてるわけじゃなく、書きたいから書いてるだけなので悪しからず。

2006/02/18

コンプライアンス。

hon012昨今、コンプライアンスと言う言葉をよく耳にするようになったが、我々車体製造業界においては、これまで『バレなきゃいいじゃん!』的なところがあったのは否めない。

が、もう時代もお客様の関心も違ってきた。

いつまでも旧態依然のままで居ては、それこそ僕たちのような弱小企業においては命取りともなりかねないし、何より人の命を預かるモノをつくっているのだという自覚をキチンと持たねばならない。

万が一、この精神を理解して頂けないお客様が居たとしたら、申し訳ないが我々はお取引できない。

そこはたとえお客様と言えども、譲れない線なのである。

2006/02/16

少々反省。

Fotolia_50810383_xs

昨日はむかついた勢いで書きなぐってしまったが、よ~く考えてみたらそうなってしまった一因は、僕にもあるのでなかろうか?

責任と権限の委譲と言いながらも、実はキチンと権限を委譲せず、責任ばかり押し付けているのかもしれない。

それでは限られた範囲の中での考えになってしまい、劇的な考えには思い至らないだろう。

責任と権限、そしてそれに伴うリスクとリターンをもっとハッキリとさせねばならない。

少々反省である・・・。\(__ )

PHOTO:© tearoad - Fotolia.com

2006/02/15

いいわけ癖。

Fotolia_58602389_xs

果たすべき責任も果たさずに、いいわけばかり言ってるヤツ。

はっきり言ってムカツク。(-_-メ)

そりゃ、愚痴のひとつやふたつ出てくるのはわかるが、だからと言って“できない”と短絡的に結論を出すのは如何なものか?

不可能と思えるコトを、どうすれば達成できるのかと真剣に考えれば、もっと他にアイデアなんか10や20出てくるだろうに・・・。

PHOTO:© Stefan Körber - Fotolia.com

2006/02/14

研修。

DSC03461昨日はJALアカデミーの講師を2人招いて、事務とアシスタントのスタッフを対象とした応対と接遇の研修を行った。

彼女たちはもちろんいい勉強になったことだろうが、オブザーバーとして参加した僕にとっても、意外と知らなかったり、間違っていたことに気付かされ、いい経験となった。

今後も定期的に行って行きたい。

2006/02/11

領収証。

20060212134932先週と今週、ほとんど外回りばかりしているので、会社に帰って来るのは相当遅い時間になってしまい、経理やアシスタントがもう帰っちゃってるので、交通費等の清算がずっとできていない。

別に立て替えておくのは問題ないが、財布が領収証で、パンパンに膨らんでいるのがなんかイヤだなぁ・・・。

どうせなら、札束でパンパンにしたいものだ・・・。

« 2006年1月 | トップページ | 2006年3月 »