« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005/07/31

信じるこころ。

GUM01_PH01076人を信じることによって、はじめて得られる幸せってある。

でも、人を信じたがために、辛い思いをしてしまうことってのもある。

辛い思いはしたくない。

でも、人は信じたい。

どうすればいいのだろうか・・・。

2005/07/30

事故渋滞。

200507300824000今日も我が社は通常出勤日だ。

で、ちょいと寝坊してしまったので、常磐自動車道を使って通勤することにしたのだが、土浦北インターを過ぎた途端、ピタリとも動かなくなってしまったのだ。

どうやら事故渋滞のようで、結局3時間もかかってしまった・・・。

おとなしく一般道を通れば良かった・・・。(´・ω・`)

2005/07/29

野部さん。

DSC01231つい先ほどまで、ソフトブレーン・サービスの野部副社長が我が社に居た。

業務プロセスの設計をしてもらうのが本来の目的だったのだが、我が社の仕組みや社内ルールがあまりにもお粗末なもんで、結果として社内ルールの明確化をテーマとしたコンサルテーションになってしまった。

予定時間を大幅にオーバーして、最終のスーパーひたちに乗って帰って行ったが、延々と10時間以上も飯も食わせずに喋らせてしまった・・・。

ホント、ありがとうございました。

2005/07/25

ボタン着け。

DSC01229僕は侘しい独り身だ。

そして、おっそろしいほど、ぶきっちょだ。

なので、シャツのボタンが外れる度、会社の女の子たちに着けてもらっているのだが、女の子がお裁縫をしている姿っていいよねぇ~。(´ρ`)

2005/07/23

サボテン。

DSC01228誕生日プレゼントに、サボテンをもらった。

今年もらった唯一のプレゼント・・・。

植物を愛でる優しい心は持ち合わせていないのだが、せっかくなので大切に育ててみようと思う。

2005/07/22

バースデイ。

img_1今日は僕の誕生日。

でも、まだ仕事しています。_| ̄|○

とりあえず、コンビニのショートケーキで、ハッピーバースデイ俺・・・。( TДT) 

2005/07/21

季節のご挨拶まわり。

DSC01216今週はずっと、季節のご挨拶で、外回りをしている。

普段なかなか会えないお客様とも会える良い機会なので、なるべく多くのお客様へ顔を出そうと思っているのだが、1件1件についつい時間を費やしてしまい、なかなか効率よく回れない。

でも、その1件1件がとても楽しく、本当に我が社はいいお客様ばかりだなぁ~と実感できるし、癒されるのだ。

一般的には、外回りといえばストレスの宝庫を想像しがちだが、我が社においては、ストレスを感じるとお客様に会いに行って癒されてくるという、奇妙な現象が起きているほどだ。

まあ、ひとつには、いいお客様としか付き合わないという方針が徹底してきたからだと思うが、それにしても皆さん居心地良すぎ!!

ホント、ありがとうございます。m(__)m

2005/07/20

もの分かりの良い男。

cook_01これまで、人間関係において星の数ほど様々な失敗を繰り返してきた。

で、ヘタなトラブルは避けるようになり、もの分かりの良い男を演じてきた。

が、やっぱりこれではいけない。

特に職場の人間関係や男女間においては、絶対これはやってはいけない。

例えば、デートで食事をするとしよう。

僕は相手を尊重しているつもりで、本当は居酒屋に行きたいのにもかかわらず、「イタリアンにでもしようか?」とか言っちゃうのだが、一方の相手は、本当は居酒屋で、まったりのびのびとしていたかったのに、僕の言葉に本心を抑えちゃって「そうね。私もそう思ってたの!」とか答えてくれちゃって、結局どちらも望んでいない結論に達しちゃったりするのだ。

これ、食事の話だからまだ良いが、これが人生の岐路に立つような場合だったら、お互いを勝手に尊重し合ってても決して幸せにはなれない。

お互いの感情をぶつけ合い、常日頃本音で相手と過ごせないと、息が詰まる。

本当の自分をさらけ出すことで、はじめて相手にも自分を出してもらえるのだろう。

もう、もの分かりの良い男は卒業しよう。

2005/07/17

結婚式。

DSC01188今日は部下の結婚式に出席した。

またひとり、先を越されてしまった・・・_| ̄|○

が、人の幸せというのは見ていて気持ちのいいものだ。

幸せになってね!

2005/07/15

役に立つ。

GUM02_PH08068僕は仕事って、誰かの役に立つことだと思っている。

もちろん、仕事とは『報酬』を得るための行為ではあるのだが、その報酬を得るためには誰かが僕(会社)の働き振りを評価してくれ、仕事を発注してくれなければならない。

今のご時世、昔ながらのよしみとか、足繁く通ってくれるからとか、とりあえず試しにとかでは仕事を出してなんかくれない。

なので、仕事は誰かの役に立って、はじめて仕事として成立するのだ。

2005/07/13

操作説明会。

DSC01163ソフトブレーンサービスのeセールスマネージャーMSを使うようになって5ヶ月経つが、未だに思うように使われていない。

なので、今一度操作方法やそもそもの概念を理解してもらうために、操作説明会を行なった。

人それぞれにマチマチの基準で入力がされていたり、ムダに面倒くさい手順で入力していたりと、唖然(;゚д゚)ァ...としてしまうようなことが次から次へと露呈されたが、これで少しはマシになるであろう。

しかし、この光景だけ見ていると、決してボデー屋には見えないよなぁ~。

2005/07/12

ワイキューブ。

DSC01159今日は新卒採用のコンサルティングを行なっているワイキューブさんにお邪魔した。

噂には聞いていたが、この会社、とっても変だ。

入り口からいきなり喫茶店になってるし、応接室はまるでお洒落な女の子の家にでもお邪魔しちゃっているかのようだったし、地下にはバーがあるし、録音スタジオやら写真スタジオもあるしで、オフィスを見ただけじゃ、一体何の会社だかわからない。

DSC01161でも、そんな会社なだけに今の若い人の心をよく理解しているのだろうし、きっと優秀な社員さんばかりなのだろう。

我が社もいつか、こんな風になりたいものだが、ウチの会社の体力でこんなことをやっていたら、社風が良くなる前に会社が潰れちゃうかもね(笑)

2005/07/11

いたずらっ子。

我が社には、何人かのいたずらっ子が居る。

先日は僕のペットボトルに落書きがされていたが、今日、外から帰ってきたら、僕のザクがなんだか違う・・・。

DSC01147

・・・(´・ω・`)

顔はどこ?(`Д´≡`Д´)??

まあ、デスクにザクを置いておくボクもどうかとは思うが、こりゃないでしょ…。

DSC01150

・・・┐(゚~゚)┌

2005/07/09

気分がのらない。

biorhythmバイオリズムが良くない。

それに、イヤなことや落ち込むことも続いていて、久しぶりに沈んでいる。

なんか、生き方そのものを見直すべきなのかもしれない・・・。

2005/07/08

七夕。

200507080035000昨日って七夕だったんすね。

キャバクラ行ってはじめて知ったよ・・・。

今年も織姫には会えず・・・。

っていうか、出合ってすらいないじゃん!_| ̄|○

2005/07/06

時は金なり。

image10安売りだからという理由で何時間も並んだり、高速代が勿体無いと言って一般道を何時間もかけたりと、お金を節約するために、時間を浪費する人って多い。

でも、時は金なりという言葉の通り、時間はとっても大切なので、金で買えるものであるならば、どんどん買ってしまったほうが良いと思うのだ。

時間を金で買うと言うと聞こえは良くないが、そうやってできた時間を趣味に費やしたり、ぐっすり眠ったりした方が、有意義なのではないだろうか。

2005/07/05

あしか。

yu_hatena_03ITmediaニュースを見ていたら、はてなのあしかというものが気になった。

「あしか」とは、はてな開発陣の進行管理ツールで、段ボール箱を4つに区切って、「終わった」「すぐやる」「そのうちやる」「ペンディング(先送り)」に分けて進捗を管理しているのだそうだが、これで十分なんだとか。

最先端のIT企業が、こんな超アナログな管理をしているのには驚いたが、確かに良さそうだ。

うちでも取り入れてみようかな・・・。

2005/07/02

スパルタ。

godoいま、「笑ってコラえて!吹奏楽未公開SP」なるものを見ている。

僕は小学校4年から大学を卒業するまで、ずっと吹奏楽界に身を置いていたのだが、顧問やコーチを、まるで神のように崇めなければならない宗教っぽいあの独特の雰囲気が嫌いだった。

なので、やっぱりこのTVを見てても、胸くそ悪い感覚を覚えた。

なんであ~いうやり方が主流なのだろうか…。

もっと、個々人の自主性や創造性を高めるやり方があってもイイと思うのだが…。

あれでは、“効率良くコンクールで勝つこと”が目的になっちゃっているのではないだろうか。

2005/07/01

モノの価値。

18-1-2266最近、フィアットのムルティプラ(旧型)が無性に欲しいのだが、この車、お世辞にもカッコイイとは言えない。

なので、大半の人にとっては価値の無い車なのだが、希少車で一部のマニアの間では人気と言うこともあって、中古車価格が高騰しており、2年落ちの車でも、新車価格より高い状況になっている。

このように、モノの価値とは、モノそのものにあるのではなく、買う人の嗜好や趣味、置かれた状況、タイミング等々によって決まる。

モノが良いとか悪いとかではなく、買う人がそのモノの価値を認めたときに、モノは売れるのだ。

なので、商売をしてゆく上では、「誰に」「何を」「幾らで」「どのようにして」等々をキッチリターゲッティングしておかないと、ヘタに損をしたり、無駄な努力を強いられたり、そもそもお客に見向きもされなかったりしてしまう。

モノの価値は、モノではなくお客が決めるのである。

« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »