« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »

2005/06/30

ザク党。

DSC01112僕のデスク周りが一部で話題だ。

営業に廻っていると、何人かのお客様に「すごいねぇ~」と言われたのだ。

で、今日、そのうちの一人に、「ザクが居たでしょ!ザク!!」と言われ、ザク話で盛り上がった。

DSC01113トリコロールカラーの軟派な主人公にはない、渋さが、なんともカッコイイ。

やっぱり男ならザクでしょう!!

2005/06/29

水。

DSC01143こんなのを買ってみた。

11リットル入りの水タンクと水サーバーだ。

うちの社員の義理の妹という人がやってきてセールスしていったのだが、その子が可愛かったので、ついつい買ってしまった。ノ(´д`*)

我が社に何かを売りつけたいのなら、カワイイ女の子を行かせることをオススメする。

2005/06/28

「いま、会いにゆきます」を観て。

Fotolia_26729577_xs

この映画、超感動するのだが、それと同時になんとも言えぬ後悔の念に苛まれる。

実は僕、バツイチなのだが、澪と巧とのやりとりを見ていると、結婚時代を思い出してしまい、大切な人を傷つけ、そして失ってしまった自分のバカさ加減に、ほとほとイヤになってくるのだ。

ホント、バカな俺・・・。_| ̄|○

PHOTO:© moonrise - Fotolia.com

2005/06/27

いま、会いにゆきます。

DSC01142「いま、会いにゆきます」のDVDを買ったので、早速観てみた。

( ;∀;)

( TДT)

。゜(゚´Д`゚)゜。

つД`)・゚・。・゚゚・*:.。..。.:*・゚

。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`)

言葉になりません・・・。

汁。

DSC01111僕は水を大量に飲む。

なので、デスクの上には必ずペットボトルの水が置いてある。

で、さっき外回りから帰ってきて、デスクの水を手に取ったのだが、何かが違う・・・。

・・・。

DSC01110

汁?

誰だ!こんな落書きしたのは!!

2005/06/18

喫煙車。

DSC01098今週は電車移動が多く、常磐線のフレッシュひたちに8回も乗ったのだが、そのうちの6回もが喫煙車になってしまった。

僕はタバコを吸わないので、指定席をとる場合は禁煙車を選ぶのだが、前もって予約をしているわけではなく、乗る直前にみどりの窓口で買うので、「禁煙車はいっぱいですねぇ~」と言われてしまい、仕方なく喫煙車に乗ることになるのだ・・・。

image2と言うことは、禁煙車の方が人気があるということになるのだろうから、禁煙車を増やすなり、飛行機のように全面禁煙にしちゃえばいいのに!( `_ゝ´)

ところで喫煙車というものは、「タバコを吸いなさい」と言っているわけではなく、「吸ってもいいですよ」と許可しているだけなのに、なぜ喫煙車に乗っている愛煙家の皆さんは、まるで『義務』であるかのようにずっとタバコを吸い続けているのだろうか?

不思議だ。( ・ω・)

2005/06/17

ソフトブレーン。

DSC01101今日は八丁堀にあるソフトブレーン・サービスに行ってきた。

この会社は、昨日の記事で紹介した『もっと怒れ!!!日本のビジネスマン~やっぱり変だよ日本の会社~』の著者、宋文州さんが会長を務める会社で、わが社は今年の初めから、この会社の主力商品であるeセールスマネージャーMSを導入している。

このソフトは、営業のプロセスをマネージメントするためのソフトで、とかく属人的で精神論と根性だけになりがちな営業の現場を、組織的で科学的な営業へと変えることが出来るのだ。

が、どんないいソフトでも、使う側が理解していなければ宝の持ち腐れになってしまうので、これまでの運用を検証し、より良い仕組みへとカイゼンすると共に、運用ルールをしっかりと決めて磐石な体制を築くべく、打ち合わせと勉強をしてきたのだった。

2005/06/16

今日のおすすめ本。

image2今日のおすすめ本は、宋文州(著)「もっと怒れ!!!日本のビジネスマン。やっぱり変だよ日本の会社。」

この著者の本、きっと会社の日記やら何やらでぜ~んぶ紹介してきていると思うのだが、これまで主に経営者側に対して語っていたのに対し、今回はターゲットをビジネスマンに絞っている。

しかし、これらの言葉ひとつひとつが経営者側である僕には刺さってきて、やけに反省してしまった・・・。_| ̄|○

いつも会社で「情報の共有をせよ!」だの「ほう・れん・そうを徹底せよ!」だの言っていたが、これらが上司である自分の怠慢であることがよ~くわかった。

明日は丁度、著者が代表を務めるソフトブレーンサービスに伺う予定なので、そこらへんのコツなんかも吸収してこようと思っている。

2005/06/15

常磐線。

image昨日、フレッシュひたちに乗ったら、シートポケットにこのチラシがはさまっていた。

常磐線のダイヤがグッと良くなるのだそうだが、良くなると言うより、これまでが悪すぎたのだ!

というのも、資本主義の原則として競争の原理というものがあるが、こと茨城県の大量公共輸送分野においては、これまでJR常磐線がほぼ独占していたため、この競争の原理がまったく働かなかったからだ。

そこにこの8月からは、つくばエクスプレスが参入してくる。

なので今頃になって、慌てて新型車両の投入やら何やらで、客離れを食い止めようという魂胆なのだろう。

福知山線の事故では利便性を追求するあまりにウンタラカンタラと言われているが、やはり便利で速いことは良いことだ!

安全には十分注意してほしいが、今回の競争は大いに歓迎なのである。

2005/06/14

営業講習。

image専務に就任して以来、これまでの自分と比較すると、すっんごく勉強をしていると思う。

高校受験は推薦だし、大学受験も行ける所で甘んじたしで、一生懸命勉強した記憶がない。

でも、さすがに専務という肩書きがつくと、それ相応の知識が必要になるし、そうでなければ社員はついてこないし、お客様からも笑われてしまう。

なので、今頃になって一生懸命勉強している。

せっかく大学では経済学部に在籍していて、その気になればいくらでも今勉強しているようなことは吸収できる環境に身を置いていたのに、もったいないことをしたもんだ・・・。

てなわけで、今日は水戸で行なわれた常陽産業研究所主催の営業セミナーに行ってみた。

やっぱり勉強して新しい知識や考え方を得ることって楽しい。

なんで学生時代にこの楽しさを感じることができなかったのかが悔しい。

2005/06/11

今日のおすすめ本。

Image1192今日のおすすめ本は、高橋朗(著)「黄金のおにぎり」(ナナ・コーポレート・コミュニケーション)。

この本、見た目とは裏腹に、ブランド戦略に関するビジネス書なのだ。

小説になっていて、ものの1時間で読めてしまうのに、ブランド戦略の基本が全て網羅されており、基礎知識が身に付く。

ぜひ、マーケティングの入門書として、多くの人に読んでほしい一冊だ。

2005/06/09

PAの生姜焼き定食。

DSC01062営業廻りをすると、高速道路のPAやSAで昼食を採る機会が多くなる。

で、最近思うのだが、これらのお店の味が格段に美味くなっている。

道路公団改革の成果なのかどうかわからないが、今までは何をやっていたんだ!凸(゚Д゚#)と怒ってしまいそうなほどに美味いのだ。

で、特に最近ハマッテいるのが常磐道上り線谷田部東PAの生姜焼き定食。

これ、うちの会社の大和田さんに教えてもらったのだが、生姜がピリリと効いた絶妙のタレが最高!
超ハオツーです。
(注:ハオツーとは台湾の言葉で美味しいの意)

でも、なんで大和田さんがわざわざこんなところで生姜焼きを食べたのかは謎だ。

2005/06/08

机のうえ。

DSC01083この写真、僕のオフィスの机の上なのだが、ティッシュは「うちのタマ知りません」かだし、グルーミーとケロロ軍曹のぬいぐるみは置いてあるし、モニターの上には飛行機と電車が飾ってあるしで、ぜんぜん専務の机っていう感じがしない。

ちょっとふざけ過ぎ?

2005/06/07

今日のおすすめ本。

image今日のおすすめ本は、石原明(著)「心を身軽にする80のインストラクション。」

先日の投稿でも紹介したとおり、我が社はこの石原先生にコンサルテーションをお願いしている。

先生の著書は、「営業マンは断ることを覚えなさい」「気絶するほど儲かる絶対法則」「イヤな客には売るな!」等々、過激なタイトルばかりなのだが、この本はそれらに比べると普通である。

が、普通だからと侮るなかれ、僕にとってはこの本こそ、生きるバイブルになっているのだ。

帯には「あゝ気持ちがフワフワ軽くなる」と書いてあるが、まさにその通りだった。

ぜひ一度、だまされたと思って読んでみて欲しい。

きっと心が楽になるから。

2005/06/03

停電。

DSC01074今朝、会社に行ったら事務所の電気が点いていない。

自慢じゃないが、時間ギリギリに出社する僕は、電気の点いていない事務所に入る事ってそうそうあることではない。

なので、休みの日に間違って出社しちゃったのか?と焦ったが、なんと停電だったのだ。

会社の変圧器が不調なんだそうで、自家発電機を回して業務に従事できるようになるまでに3時間もかかってしまい、11時半を過ぎてやっと回復したのだ。

しかも発電機の容量不足は否めないので、電気を半分消したりして過ごしている。

はたしていつになったら直るのだろう・・・。

« 2005年5月 | トップページ | 2005年7月 »