トップページ | 2005年5月 »

2005/04/30

買い物上手。

image1224今回のタイ旅行、2週間前に慌てて米系航空会社の直行便エコノミークラスを買った、設計のミッキー君と、経由便とはいえ、2月の初旬にはファーストクラスのチケットを抑えておいたボク。

チケットの値段、実はボクの方が幾ばくか安かったりする。

う~ん、ボクって買い物上手!!

プチリッチ。

さてDSC00519、今回の旅のテーマはプチリッチ。

普段出来ない贅沢を楽しんでみようと思う。

そして、この最大のイベントはファーストクラスに乗ること。

さすがに日系や米系の航空会社では高くて手が出ないが、今回は中華航空を利用したので、僕でも手を出すことが出来た。

ラウンジでは飲茶食べ放題だったし、機内食も超激ウマだったし、ホスピタリティーも最高だったし、すっかりプチリッチを満喫できた。

これで、直行便だったら申し分ないのだが、台北乗り継ぎだったので、普段6時間程度の道程に、11時間もかけることになってしまったが、その分ぜいたくな時間を多く享受できたと思えば、これはこれで良しとしよう。

2005/04/29

行ってきま~す。

さて、GWだ。

GWと言えば帰省。

僕も第2の故郷、タイに帰省?してきま~す。

矢野特殊自動車さん。

image1223昨日の福岡訪問は、老舗のボディーメーカーである矢野特殊自動車さんにお伺いしたためだ。

社長様をはじめ、多くの幹部の方々とお話をさせていただき、また、工場の見学もさせていただき、すっかりいい勉強になった。

やっぱり、老舗には老舗の風格と企業文化がある。

我が社は、まだ出来て10年そこそこの新参者なのだが、いつかあんな風格を持てることが出来たらなぁ~、なんて夢想をしてしまったのだった。゚・*:.。. .。.:*・゜

2005/04/28

いよいよGW。

DSC00510明日から黄金週間が始まるが、嵐の前の静けさなのか、今日の福岡→羽田はむちゃくちゃ空いていた。

747-400D(ジャンボ)だったのにガラガラで、『経営だいじょうぶか?(;・∀・)』と、ヒトゴトながら心配になってしまった。

が、明日からガッポリ儲けて、この空席分のマイナスなんか、『あっ(;゚д゚)』っと言う間に元を取っちゃうんだろうなぁ~。

福岡とんぼ帰り。

DSC00505昨日の夜に福岡へ行き、今日の夕方にはもう会社に戻っている。

まさにとんぼ返り。

美味しい明太子も、絶品のもつ鍋も、中州のネオンも、全然堪能できずに帰ってきた。

唯一博多を感じることができたのは、とんこつラーメンぐらいかな。

こんどはもっとゆっくり滞在したい。

2005/04/27

福岡へ行ってきます。

image1222↑って書くと、「また旅行かい!」と言われそうだが、いえいえ、出張ですからっ!!

とは言え、今日は午後に会社を出て、あとは博多に泊まるだけ!

せっかくなので、中洲辺りをうろうろしようと思ってます。

2005/04/26

不正改造防止。

scan-11昨今、不正改造に関する取締りが一段と激しくなってきている。

今までなら「ま、いいや」で済まされていたようなものが、「絶対ダメ!」と却下されるようになってしまった。

こう見えても、我が社は車体工業会の会員企業なので、特に関係法令は遵守せねばならない立場である。

なので、不正改造に該当するような工事は一切受注できないので、よろしくご理解ください。

2005/04/19

いい大人。

Image1195子供の頃、32歳と言えば、それはそれはとてもいい大人だった。

なのに、今自分がその年になってみると、見た目はともかく精神面では全然大人になっていない。

でも、周囲は僕をヤシカ車体の専務と見ているし、社員も僕を上司と思っており、気がついてみると立場はとんでもなくいい大人になっている。

立場が人を育てるとも言うが、なんだか全然育っている自覚がない・・・。

立場相応の大人になれるようがんばらねば!

2005/04/17

税務署!。

DSC00463 税務署からお手紙が届いていた。

国税資金支払命令官という人から・・・。

・・・

『ええっ~、もしかして滞納しちゃってたのぉぉぉぉぉ?????』とビビッタが、中身を見たら還付金のお知らせだった。

税務署さん・・・、還付金ぐらい、もう少し柔らかい表現にしてよ~。

2005/04/16

ふきのとう。

DSC00456墓参りの帰り道、田んぼの土手にふきのとうがもっさりと群生していたので、ちょこっと摘んで田舎の家に寄り、天ぷらにしてもらって、摘みたての春の味を堪能してきた。

やっとふきのとうのおいしさに気づいた、32歳の春でした。

墓参り。

DSC00448 せっかく郡山まで来たので、ついでに墓参りをしてきた。

僕の田舎は福島県の会津地方で、この辺りは星さんがゴロゴロ居る。

なので、墓地の墓標は星さんだらけで、久しぶりに来た僕は、どれがうちの墓だかわからず、和尚さんに聞いてしまったのだった・・・。

2005/04/15

車体工業会バン部会総括会議。

DSC00442 木曜の午後から、福島県郡山市の磐梯熱海温泉に居る。
「平日の昼真っから温泉かよ~!まったくのん気なもんだぜっ!」という野次が聞こえてきそうだが、いえいえ、仕事ですから!

ここ磐梯熱海温泉で、車体工業会バン部会の会議が開かれたのだ!

・・・。

まあ、会議はほんの1時間で終わって、後は懇親会だし、2日目は観光だったし、のん気と言われればのん気なのかもしれないけど・・・。

2005/04/14

お金を借りましょう。

Image1196先日、利子が低いのでタンス貯金をしたほうが良いと書いたが、以前銀行マンだった総務の尾山さんに言わせると、お金を借りる人が少ないから利子が低いのだそうな。

利息を安くしてお金を借り易くしているのだが、それでも借りる人が少ないから利子も上がらないままなのだと・・・。

ということで、みなさん!

日本経済のため、どんどんお金を借りまくっちゃいましょう!

2005/04/13

高収益トップ3%倶楽部。

DSC01870昨日は、日本経営教育研究所 石原明先生主催の、高収益トップ3%倶楽部に参加してきた。

売れるしくみのつくり方を学ぶ勉強会で、僕は毎月1回参加しているのだが、目からウロコなお話がたくさん聞けて、毎回すっごく得した気分になれる。

今回は、情報化社会になって、企業と個人との間に情報の格差がなくなった、という話だったのだが、本当にその通りだ。

実際自分だって、本を買おうと思ったらアマゾンで検索してレビューを見てから買うし、電化製品を買おうと思ったら楽天で最安値を知ってから買うようにしていて、街の小さな本屋さんや電気屋さんには負けない程の情報量を、ネットで簡単に知ることができている。

どこが安く、どこが親切で、どこが不親切かを、じっくり時間をかけて値踏みしているのだ。

翻って自分の仕事はどうかと考えると、自分達もこうやって値踏みされているのかもしれない。

なので、誠意を持って、しっかり情報を提供し、お客様の値踏みに耐えうる会社になっていかねばならないのだ。

2005/04/12

サザエさんと景気。

Image1190先日、『サザエさんの視聴率が高いと株価が下がる』というリポートが大和総研から発表されていた。

このリポートでは、サザエさんを見ながら夕食をとるのは、休日に外出しないということで、景気の悪さと関連しているのでは?と言っているが、少々こじつけな気もする。

僕の経験から言わせてもらうと、確かに外出せずにサザエさんを見ていたりするのだが、それはお金が無いわけではないし、ましてや家族で見ているわけでもなく、ただ一緒に外出する相手が居ないだけだったりする・・・。_| ̄|○

ということで、僕としては『サザエさんの視聴率が高いと寂しい人が増える』と分析してみた。

大和総研と僕、みなさんはどちらが正しいと思います?

ちなみに最近、僕は毎週サザエさんを見ています・・・。(´・ω・`)

2005/04/10

対応力。

image1212我が社は様々な問題を抱えているが、今、最大の問題、それは対応力の無さである。

手前味噌だが、技術力や開発力、営業力等々は、この規模の会社としてはまあまあな方だと思っているのだが、この『対応力』だけは本当にダメだ。

企業には歴史があり、その歴史の中で築かれた文化がある。

良い文化も悪い文化もあり、良いところはグングン伸ばし、悪いところは改善させねばならない。

なので、「お客様への折り返しの電話が遅い」とか、「○○さんしかわからない」とか、「○○から××への連絡が通っていない」とか、「そもそも納期を守れない」とか、「約束を守れない」とか・・・。

これらはあってはならないことなのだが、恥ずかしいことに我が社では結構頻繁に発生している・・・。

多分この問題は、意識改革をしない限り解決できないと思うのだが、はてさて一体どうすれば良いものか・・・。

2005/04/09

タンス預金。

Image1189 相変わらず低金利が続いている。

銀行に500万円預けていても、1年で利子が100円程度にしかならない。

休日にATMで引き落とすと手数料が105円かかるので、1年に一度ATMを利用しただけで損してしまうのだ。(´・ω・`)

なので、家に置いといたほうが、金利は得られなくともよっぽど便利なのではないだろうか?

なにせ、自分のタンスからお金を出すのに手数料はかからないのだから。

セキュリティーもあるので一概には言えないが、ATMを利用するたびに、こんなことを考えてしまう僕なのだ。

2005/04/06

社説を読み比べる。

さて、このブログは『会社のサイトじゃ書けないようなことも気兼ねなく書きたい』ということで、会社の日記から抜け出してきたのだが、「今までとほとんど変わらんじゃないか!」と指摘を受けた。

なので、これまでは絶対書けなかった政治について語ってみよう。

僕は、新聞の社説を読み比べるのが大好きだ。

そこで、今朝の社説を並べてみると、

産経・・・中学教科書 記述の是正はまだ不十分
読売・・・歴史教科書 検定、採択は日本の国内問題だ
毎日・・・教科書検定 薄める工夫を
朝日・・・「つくる会」 こんな教科書でいいのか

・・・ものの見事に、意見がわかれている。・・・(;´Д`)

まあ、意見がわかれ、各誌が自由に論調を展開できるということは、それだけ民主主義が徹底しているということで、喜ばしいのだが、ここで一番危険なのは、1誌だけしか読まず、洗脳されてしまうことである。

なので、とりあえず右寄り1誌と左寄り1誌を読み比べ、今、日本で起こっている事柄を、自分なりに噛み砕くことが必要だと考える。

本当は、これらの社説を受けて、自分なりの考えをここで主張すべきなのだが、さすがにブログデビュー間もないのに炎上されてはこまるので、今しばらく、それは控えておこう・・・。

2005/04/05

今日のおすすめ本。

Image1188今日のおすすめ本は、エリヤフ・ゴールドダット(著)「チェンジ・ザ・ルール」(ダイヤモンド社)。

「ザ・ゴール」に続くこの作品は、TOC(制約条件の理論)に関する内容なのだが、本書ではタイトル通り、“ルールを変える”ということがいかに重要かを語っている。

組織とは変化を嫌うものであるが、いかに最新のシステムを導入したとしても、それに対応するポリシーやルールが古いままではダメであり、こうした制約要素を取り除かなければ真の組織改善を図ることは困難である。

僕たちも変わらなければならないのである。

2005/04/02

入社式。

DSC00373昨日は我が社の入社式だったのだが、今年の新入社員、より一層元気がない・・・。(´・ω・`)

うちの会社は製造業なので、「モノをつくる」という行為は皆大好きなのだが、「雰囲気づくり」とか、「チームワーク」だとか、「飲ミニケーション」とかが大嫌いで、要するに「人嫌い |_ー)」な人が多いのだ。

なもんで、コミュニケーション能力の高い人間を入れて、こんな社風を変えたいと思っていたのだが、女の子だけしか僕は面接できかったので、気が付いたら、今年も元気の足りない奴らが、採用されていた。

いえ、別に男子の面接をブッチしたわけではなく、都合上、出席できなかっただけなのだが、それでもなんだか責任を感じるので、これから新入社員たちをバシバシ鍛えてやるぞ~っ!

2005/04/01

あそこではないここへ。

これまで、会社のホームページで日記を綴ってきたのだが、社長から「会社のホームページとして、相応しくない内容がある」と指摘を受けてしまったノ(´д`*)

なので、ここに逃げてきました。

・・・。

いえね、ちゃんと仕事のことも書こうとは思ってるんっすよ。

でもね、仕事以外のことで楽しいことがいっぱいあるし、なにより、とかく後ろ向きな思考回路なもんで、仕事のことを語ろうとすると、「あいつ、ムカツク(# ゚Д゚)」 とか、「な~んか、かったる~いっ(;´ρ`) 」とか、そんなことばっかり書いちゃいそうなんですよ!

んなもんで、これからは、会社の日記は真面目に書いて、後ろ向きなことはこっちに書くという、書き分けをしていこうと思ってるんです。

まあ、会社のホームページにリンク張っちゃったんで、それほど大胆なことも書けないかもしれないけれど・・・。

とりあえずは、よろしくお願いいたします。

トップページ | 2005年5月 »