2017/02/17

バンドやろうぜ!

Fotolia_128617173_xs

バンドをやろうと思ったら、ボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードと、それぞれの得意な分野を持った者が集まってはじめてバンドになる。

どんなに上手で尊敬できたとしても、ギターばかり5人集まったって、三味線や琴が加わったって、それが目的とコンセプトを持ったギター集団や和楽器混合集団ならアリだけど、普通のバンドは成り立たない。

異物を異物と理解して使うのなら、それは多様性があると言えるのだが、その理解と覚悟もなく迎え入れると、それはやっぱり異物にしかならない。

だからこそ、そこを乗り越えた多様性のある組織は強いのである。

PHOTO:© Nejron Photo-Fotolia.com

2017/02/10

異物。

Fotolia_120552960_xs

組織内に、尊敬できるいろんな人が居ることは多様性と言うが、尊敬できない変な人が居ることは、多様性とは言わず、それはただの異物。

多様性と異物は似て非なるもの。

PHOTO:© koti-Fotolia.com

2017/02/01

多様性。

Fotolia_133739970_xs

組織って、いろんな人がいるからイイんだと思う。
いろんな考えの人がいるからイイんだと思う。
いろんな生き方の人がいるからイイんだと思う。

その人が、人として尊敬できる人であるならば。

PHOTO:© Rawpixel.com-Fotolia.com

2017/01/23

迷惑な営業。

Fotolia_87557876_xs某証券会社から、しつこい営業電話がかかってきたり、アポなし訪問を繰り返されたり、手書きのまるで果たし状のような気持ち悪い営業の手紙が送られてきたりしている。

う~ん、超迷惑…。

こんなことされたら、それでなくても興味ないのに、より一層嫌いになっちゃうじゃん!!

万が一、魔がさして『株でもやろうかな?』と思ったとしても、この会社だけは絶対避けるね、ボク。

でもこれ、過去の成功事例なんだろうね。

過去の成功者である部長さんあたりが、「片っ端から電話かけまくれ!」「名刺もらってこいっ!」「注文もらうまで帰って来るなっ!」ってやってるんだろうなぁ~。

でも、もう時代が違うよぉ~。

今の情報社会、過去の成功事例が通用しなくなってきているのに、古い考えの上司に振り回されている若手がかわいそう…。

PHOTO:© Monet-Fotolia.com

2017/01/13

ケチな飲み屋。

Fotolia_99943857_xs先日、メンタルヘルスの勉強会で学んだ言葉、『ケチな飲み屋』。

これ、うつ病の可能性がある業務上のサインの語呂合わせだそうで、

け:欠勤
ち:遅刻・早退
な:泣き言を言う
の:能率の低下
み:ミス
や:辞めたいと言い出す

なんだそうな。

これだけだと、うつ病なのか、ただの怠け者なのかがなかなか判断つかないけれど、メンタルヘルスは早期発見が大きなポイントなんだそうなので、このようなサインを発する社員がいたら、まずはフォローすることが必要なんだろうね。

勉強になりました。

PHOTO© polkadot-Fotolia.com

2017/01/05

明けましておめでとうございます。

Fotolia_103872674_xs

明けましておめでとうございます。

今日から我が社は仕事始めですが、みなさんはお正月、いかがお過ごしでしたか?

ボクは今朝、1週間ぶりにスーツを着たら少々キツくて『まだ太れるんだ、オレ…』と驚いたのですが、皆さんは大丈夫でしょうか?

来年の今頃もこんな能天気でいられるよう、今年も精進してまいりますので、本年も変わらぬお引き立ての程をよろしくお願い申し上げます。

PHOTO:© Tsuboya-Fotolia.com

2016/12/28

年末のご挨拶。

Fotolia_16765612_xs早いもので、もう今年も年末のご挨拶をさせて頂く時期になってしまいました。

今年も沢山のご縁を頂きました。
本当に感謝の念に堪えません。ありがとうございます。

来年も、更に良いご縁を頂けますよう誠心誠意努力する所存ですので、より一層のご支援を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

さて、当社は本日12月28日をもって仕事納めとなります。
今年も一年いろいろありましたが、とりあえずは無事に年末を迎えることができました。

これもひとえに、みなさまのご協力のたまものです。
ありがとうございました。

来年が皆さまにとって良い一年でありますよう、心よりお祈り申し上げ、年末のご挨拶とさせていただきます。

尚、年始は1月5日(木)より業務開始となります。
来年もどうぞよろしくご贔屓のほど、お願い申し上げます。

PHOTO:© Paylessimages-Fotolia.com

2016/12/16

社会を変える?

Fotolia_63685241_xs

社会を変えようとするよりも、社会に適応しようとする方が、楽により良い人生を過ごせると思う。

更に言わせてもらうなら、社会に適応すらできない人が、社会を変えられるだけの力や能力があるとは思えない。

いつも、世の中が悪い、会社が悪い、社会が悪い、世界が悪い、お前が悪いと他責にしているそこのキミ!

他人を変えるよりも、自分を変える方がはるかに容易だぞ!!

PHOTO:© Gama-Déborah-Fotolia.com

2016/12/07

新型うつ。

Fotolia_119876505_xs

「うつ病」はわかる。
責任感が強くて自分に厳しい人だとか、優しく真面目な人がなりやすいモノで、一定の努力と我慢を超えた時に患ってしまうもの。
大変だし可愛そうだと思う。

でも、最近は「新型うつ」なるものもあるんだそうで、その特徴は、仕事には行けないけど自宅だったりプライベートなどでは元気で、仕事に行けない理由を他責してしまうんだそうな。

こんなこと書くとまた怒られるもしれないけれど、これって所謂自己中で甘えているだけなのでは?
「何かうつな気がする…」なんて言われたら、無理させられないご時世だからねぇ~。

ちなみにwikipediaには、“日本うつ病学会によると「新型うつ病」という専門的な用語はなく、医学的にも定義がない。学会や学会誌などでも、その概念は検討されていない。”って書いてあるよ!(2016年12月7日現在)

「適応障害」だの「ディスチミア症候群」だの、昔と比べて「うつ病」と似た他の症状も多様になっているので、もう何が何だか…。

これで迷惑なのは、本当の「うつ病」の人だよね?
『うつ病=怠け者』と、ひとくくりにされかねないから…。

『頑張「れ」ない人』と『頑張「ら」ない人』は区別しないとダメなのでは?

PHOTO:© kei907-Fotolia.com

2016/11/23

されるがままはイヤ!

Fotolia_95175210_xs

前回の倍返しの話の続き。

戦争はイヤだけど、だからと言ってされるがままなのはもっとイヤ!

だから、こちらから戦争を仕掛けることはしないけれど、売られた戦争にはキッチリ倍返ししなきゃダメなのでは?

防衛も抵抗も、戦うこと全てを『戦争』とひとくくりにして『悪』と見なすのは違うでしょ?

PHOTO:© dreamnikon-Fotolia.com

2016/11/07

倍返し。

Fotolia_108844498_xs

戦うのはイヤだけど、だからと言ってされるがままなのはもっとイヤ!

だから、こちらからケンカを仕掛けることはしないけれど、売られたケンカにはキッチリ倍返し(古っ!)させていただきます。

PHOTO:© aijiro-Fotolia.com

2016/10/14

プミポン国王のご冥福をお祈りいたします。

Bhumibol

タイ王国のプミポン国王が2016年10月13日に崩御されました。

幸か不幸か、その瞬間を現地タイで過ごすことになり、タイ国民の深い悲しみに接しております。

来るべき時が来たと思いながらも、私自身も淋しさを禁じ得ません。

不安定な要素を抱えておりますが、今後も新国王の下、微笑みの国であリ続けて欲しいと願っております。

謹んで哀悼の意を表します。

2016/09/30

いいからやれ!

Fotolia_99302760_xs

上司が部下に「いいからやれ!」と言う場合、本当は「全ての責任はオレが負うから余計な心配せずに言われた通りやれ!」の意味じゃなくちゃダメ。

なのに、それで問題が起こると「どうしてこうなったんだ!?」とか、「誰がこんなことしたんだ!?」とかって騒ぐ上司、多いよね?

だから、上司に「いいからやれ!」と言われたら、言われたこちら側が「責任は負ってくださいね!!」とキチンと第三者もいる場所で言うこと!

そうすれば、そんな責任を負う気がない人は「いいからやれ!」とは言えなくなるし、そのせいで責任問題になっておきながら知らんふりをしたら、その上司は周囲からうそつきのレッテルを貼られるから。

・・・はい、気を付けます。

PHOTO:© beeboys-Fotolia.com

2016/09/21

差別の意味はない。

20131003

豊洲市場問題を扱う番組で、市場長が内容をよく確認せずにハンコを押した件について、とあるコメンテーターが「メクラ判」と発言したことで、「不適切な発言」があったとして謝罪していた。

メクラとは見えないor見ない意味で、「メクラ判」とは、キチンと見ないで判を押すことを意味しており、目が見えない人を差別する意味合いはない。

我々の業界でも、写真のような見えないように閉じるキャップを「メクラキャップ」と言っているし、見えないように蓋をすることを「メクラ蓋」と言っているが、もちろん差別の意識なんてまったくない。

目が見えない人への差別的意味合いで使う人が居たから問題になって今では差別用語として定着したが、もともと「メクラ」という言葉が先にあって、広く一般的に使われていた言葉。

差別の意図も意味合いもなく、固有名詞や慣用表現なのだから、そこまで目くじらを立て言葉狩りをしなくてもイイのではないかと思うのだが…。

2016/09/05

ジャパントラックショー2016ご来場ありがとうございました。

2016truckshow1

パシフィコ横浜にて9月1日(木)から3日(土)まで行われた『ジャパントラックショー2016』には、多数のご来場をいただきまして誠にありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして、無事展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

今後も積極的にこのような展示会に参加して参りますので、どうぞご期待ください。

2016/08/25

〇〇しなさい。

Fotolia_116673317_xs

人は、「〇〇しなさい」と言われても、そうそうやれるもんではない。

「〇〇しなきゃ」とは思うだろうが、それは「言われたからやる」だけであまり意味がないし、そうそう長続きするもんでもない。

だから、部下や子どもに何かをしてほしいときには、自然とそのことに興味が持てるような環境を作っていくことが大切。

でも、今日の段階でまだたくさんの夏休みの宿題が残っている娘には、そうも言ってられないので「宿題しなさい!」と言ってきましたけどね…。

PHOTO:© tumsasedgars-Fotolia.com

2016/08/19

事の重大さに気づかない人。

Fotolia_30951670_xs

前述の「失敗を報告できる雰囲気づくり」は大切だけど、一方で事の重大さに気づかない人がいるってのも問題。

超ヤバイことをやらかしているのにも拘らず、本人が気づいていないなら報告があがって来るハズもないのだから。

なので、ある程度モノゴトの判断基準を共有できていることが条件になるね。

PHOTO:© STUDIO GRAND OUEST-Fotolia.com

2016/08/11

失敗を報告できる雰囲気。

Fotolia_93671852_xs

「怒られるから」「立場が悪くなるから」と、失敗やクレームを内緒にしてやり過ごすという体質が育つと、組織は取り返しのつかない状況になりかねない。

でも、だからと言って、前述の「失敗したときは進んで怒られに行け!」を実践するのはなかなか難しい。

だから、失敗を報告できる雰囲気づくりが大切。

ボクもつい、「これ誰がやったの!?」って目くじらを立てちゃうことがあるけど、これじゃダメなんだよなぁ~。

勿論、原因究明は大切だけど、それが個人攻撃にならないように配慮しないと、失敗を報告できる組織にはならないから。

…はい、精進します。

PHOTO:© milatas-Fotolia.com

2016/08/02

失敗したときは。

Fotolia_92426286_xs

「失敗したときは進んで怒られに行け!」

昔先輩に教わった言葉。

でも、実践は難しい…。

PHOTO:© JackF-Fotolia.com

2016/07/25

実証。

Fotolia_94006682_xs

「話せばわかる」と言ってる人が内ゲバでゴタゴタしているのを見ると、“「話しただけではわからない」ことを実証してくれているんだなぁ”と思うようにしている。

PHOTO:© Photographee.eu-Fotolia.com

2016/07/15

一生懸命に働くということ。

Fotolia_89947584_xs

企業や金持ちを「悪」と見做し、とことん搾り取ればいいという発想の勢力や党派があるが、それは一生懸命に働くという行為をブラックとみなし、頑張らず励まずの働き方を推奨しているようにボクには見える。

労働を蔑視する国は没落するよ。

ソ連やルーマニア、ローマ帝国と同じように。

PHOTO:© aquatarkus-Fotolia.com

2016/06/30

打たれ強さ。

Fotolia_105490973_xs

最近ではストレス耐性などとも言われる「打たれ強さ」は、やっぱり社会で生きてゆく上でとても重要なスキルだと思う。

なぜなら、社会で生きてゆくには、それ相応のストレスと向き合うしかないのだから。

ここ一番の時に踏ん張りきれるかや、あきらめずに頑張りきれるかなど、人として社会人として、どうしたってある程度備わっていなければやってゆけないこのスキル。

あなたはキチンと備わっている??

PHOTO:© kei907-Fotolia.com

2016/06/11

子どもを持って得られるもの。

Fotolia_99046529_xs

子どもはいらないと言う人、多いよね。
実はボクもそうだった。
だって、子どもができたら『失うもの』ってたくさんあるからね!

でも、実際子どもができて親になると、失ったもの以上の『得られるもの』があることに気づくよ!
だから、人それぞれの生き方だけど、子どもを持つっていう選択肢も、消さないでおいてほしいなぁ~。

PHOTO:© hakase420-Fotolia.com

2016/05/30

『週刊プレイボーイ』に掲載されました。

6deee03a5e93b2eb56213d011096c670_l

本日発売の『週刊プレイボーイ』No.24「はたらくくるまがやってきた!」のコーナーに、我が社で製作した“除染車”と“移動図書館車”が掲載されていますので、ぜひご覧ください。

2016/05/25

友達。

Fotolia_109210868_xs

友達って大切だよね。

なぜなら、人の価値観のほとんどは、家庭と友達とで形成されてゆくものだから。

なので、友達はキチンと選択すべき。

まあ、そもそも友達と出会う段階で、既に家庭で植えつけられた価値観が友達選びを左右するものなので、一番大切なのは家庭環境なのだが…。

PHOTO:© milatas-Fotolia.com

2016/05/11

ありのまま?

Fotolia_76505768_xs

ありのぉ~♪ままのぉ~♪自分にぃなるぅのぉ~♪
と、会社を辞めたいと言う人がいる。

うん、それもイイとは思う。
無理して、合わない仕事や会社にしがみつく必要はないと思う。

でも、それはこの仕事やこの会社だからなのかな?
もしかしたら、他の仕事や会社に行っても、結局同じようなことを言って辞めちゃうんじゃないかな?

もしそうだとしたら、それはただの『逃げ』だよ!

嫌なことがあるとすぐ逃げたくなるのは、悪い癖だ。
その癖を直さないと、これからもずぅ~っと逃げの人生になっちゃうよ!

イメージや気分に逃れず、まずは今の仕事や会社で、キチンと成果を出さなければ、何をやったってどこに行ったって同じだぞ。

もっと地に足をつけて考えてみようよ!

PHOTO:©anabel78-Fotolia.com

2016/04/29

お人好しはただのうそつき。

Fotolia_75774965_xs

本当は無理なのに、頼られると断れない…。
大丈夫ではないのに大丈夫と言ってしまう…。

その結果、にっちもさっちも行かなくなり、気が付いた時には取り返しのつかない状態になっている人って、たまにいるよね?

悪意ではなくどちらかと言えば善意でついたうそなのに、結果として自分ばかりか相手や周りにも迷惑をかけまくることになったり…。

これ、目先のことだけでなく、「ココでこう言ったらorやったらどうなるだろう?」とちょっと想像をめぐらしてみれば、きっと怖くてできなくなるハズ。

なので、過度なお人よしは迷惑なだけなのでやめよう!

PHOTO:©Stillfx-Fotolia.com

2016/04/18

熊本地震による災害のお見舞いを申し上げます。

このたびの熊本地方で発生した地震により、被災された多くの皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

また、被災地等におきまして、救援や復興支援などの活動に尽力されている方々に深く敬意を表しますとともに、皆さまの安全と一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

2016/04/15

横柄な人。

Fotolia_75821860_xs

相手によって態度をあからさまに変える人を見ると、卑しい人だと思ってしまう。
特に、自分がお客になった時に威張った態度をとる人間を見ると、心の底から可哀そうに思ってしまう…。

本来、売り手と買い手に優劣はなく、売ってほしい人と買ってほしい人のニーズがマッチするかどうかの話。
だから、売り手も必要以上にペコペコする必要はないし、買い手は偉くもなんともない。

きっと、横柄な態度をとる人って、自分に自信がない人なんだろうなぁ~。
だから、自分が売り手の立場だったり、弱い立場の時には、必要以上にペコペコしてるんだと思う。

で、その反動で、立場が上になったときには不必要に横柄な態度をとって、他人を不快な思いにさせる。

で、またその行為が自分に返って来る…。

う~ん、全くもって不毛な行為だ…。

PHOTO:© poosan-Fotolia.com

2016/04/01

平成28年度入社式。

Fullsizerender

本日、平成28年度新入社員入社式を行いました。

今年は、当初予定していた若干名の高卒が、内定辞退やら何やらでゼロになってしまい、大卒2名だけの入社式になってしまいましたが、新たに2名のフレッシュな仲間を迎えることができ、これからがとても楽しみです。

明日から2週間の研修ののち、まずはわが社のすべての業務の基本であるサービス班で、ボデー修理のいろはを叩き込まれることになります。

最初はいろいろ戸惑うだろうし、ただ居るだけでも、体が慣れていないし緊張もするだろうから疲れるけれど、焦らず着実に成長していってください。

がんばれ!!

2016/03/14

ご来場ありがとうございました。

Miraiexpo20161_2未来提案EXPO2016には、たくさんのお客様にご来場いただき、誠にありがとうございました。

皆様のおかげをもちまして、無事展示会を執り行うことができましたことを心よりお礼申し上げます。

今後も積極的にこのような展示会に参加して参りたいと存じますので、どうぞご期待ください。

2016/03/07

未来提案EXPO2016に出展いたします。

Fotolia_71248914_xs_2

私たちヤシカ車体は、東京ビックサイトにて明日3月8日(火)から11日(金)まで行われる、日本経済新聞社主催「未来提案EXPO2016」の“配達用車両・移動販売車両・商用車両ゾーン”に、ブースを出展いたしております。

未来の物流業界を見据えたヤシカ車体の取り組みを展示いたしておりますので、お近くにお寄りの際はぜひお越しください。
皆さまのご来場をスタッフ一同、心よりお待ちいたしております。

PHOTO:@moonrise-Fotolia.com

2016/03/01

中小企業で働くということ。

Fotolia_98076363_xs

2017年度の就活シーズンがいよいよ本格始動した!
就職戦線はここ数年売り手市場で、我々中小企業ははっきり言って苦戦を強いられている…。

まあそりゃそうだ!
一流大手大企業の面々が、あれだけ大規模に大量の学生を採用しているのだから、真っ向勝負では敵うはずもない。
こちらが小さな漁船で釣糸を垂らしている脇で、大企業は大型トロール船で一網打尽にしているようなものなのだから…。

学生に就職先に期待することを聞くと、「福利厚生が充実している」が最も多いそうで、次に「仕事にやりがいがある」、「給料が良い」、「プライベートの時間が取れる」、「自身の強みが生かせる」と続くそうだ。

ベスト5のうち、1位・3位・4位については、一般的に中小企業は大企業に太刀打ちできない。
これらを強く求める人は、やっぱり大企業の方がイイと思う。

2位と5位については、中小企業でも大企業でも叶えることができる。
でも、中小企業の方が上かというとそうでもなく、その人の能力と物事の捉え方次第では、大企業でも充分叶えることができるだろう。

なので、メリットデメリットで考えれば、やはり大企業を選んでおいた方がデメリットは少ないと思う。

では、中小企業を選んだ人になぜ中小企業を選んだのかを調べてみると、「社風が合いそう」が最も多く、「風通しが良さそう」、「仕事を任せてもらえそう」が続くんだそうだ。

うん、確かに「風通し」と「仕事を任せる」については、中小企業の方が上だと思う。
「社風が合う」かどうかはその人と会社との相性なのでなんとも言えない…。

ということは、結局中小企業で働くと言うことは『相性』なんだと思う。

恋人選びも、「顔や体型が好み」とか、「相手の家柄」とかってのもあるかもしれないけれど、最終的にはその人の「性格」とか「人柄」とか、いわゆる『相性』を重視する人が多いんじゃなかろうか?

なので、たまたま我が社とばっちり『相性が合う』人もいるかもしれないので、中小企業だからと毛嫌いせずに、ちょっと話を聞いてみるとか、会社見学に来てみるとか、してみていただけたら幸いです。

PHOTO:@patpitchaya-Fotolia.com

2016/02/22

叱ってください。

Fotolia_68657878_xs

子供時代と違い、大人になると適切に批判してくれる他人は激減する。

特に『社長』なんてやっていると、だれもちゃんと叱ってなんかくれない。

だからこそ、せめて自分だけは自分を批判してあげないと、改善機会を永遠に逃してしまうのではないかと危機感を持っている。

…んだけど、やっぱり自分には甘くなってしまうダメなボク。

だれか、やさしくボクを叱ってください。

PHOTO:@blanche-Fotolia.com

2016/02/12

臭いものには蓋をする。

Fotolia_100798189_xs

どんなことでも、問題に対する対策を考える場合、そのリスクがゼロではないことを認めた上で、そのリスクを最小化する方法を考えることが大切。

あまりガチガチにリスクゼロを目指してしまうと、組織は結局「臭いものには蓋をする」だけになり、実質的には全く対策がなされず、顕在化され難くなるだけだから。

PHOTO:@pathdoc-Fotolia.com

2016/01/26

心持ち次第。

Fotolia_99651657_xs

何か問題に遭遇した時、「なんてアンラッキーなんだ…」と嘆くネガティブな人と、「この程度で済んでよかった!」と言うポジティブな人がいるように、結局『運』とは、自分に起こった出来事をどう捉えて生活しているかの違いなのではないだろうか?

「運が悪い」と言う人は、何ごとも他者のせいにする癖があるんだと思う。

彼氏がダメ、上司がダメ、会社がダメ、国がダメ、政治がダメ、時代がダメ、世の中がダメって…。

もちろんダメな男もダメな上司もたくさんいるんだけれど、本当に自分は何もできなかったのだろうか?

もっと自分が当事者意識を持って動いていれば、改善できたことだってたくさんあるハズ。

受け身専門で人のせいにばかりせず、自らの人生を切り開いてゆく心持ちを持っていれば、『運』は自ずと向こうからやって来るのではないだろうか?

ボクはそう思う。

PHOTO:©vege-Fotolia.com

2016/01/15

運。

Fotolia_78730930_xs

ボクはとても運が良い。そう思っている。

そりゃぁイヤなことや辛いこともたくさんあるけれど、でも総じてボクは運がイイ方だと思っている。

だって、たくさんの人に出会えて、環境にも恵まれて、いろんな経験ができているから。

でも、傍から見てると相当ラッキーなヤツなのに、自分は運が悪いと言っている人もいる。

なので、結局『運』って気の持ちようなのかもしれないなぁ。

PHOTO:©tsuppyinny-Fotolia.com

2016/01/05

新年おめでとうございます!!

Fotolia_92514791_xs

皆様!新年おめでとうございます!!
昨年は格別のお引き立てを賜りまして、誠にありがとうございました。
本日より通常営業致します!

皆様はどのようなお正月でしたか?

ボクは食っては寝、食っては寝の毎年恒例のルーティンでしたが、来年の今頃もこんな『食っては寝』ができているよう、今年も精進してまいりますので、本年も変わらぬお引き立ての程をよろしくお願い申し上げます。

PHOTO:©00132-Fotolia.com

2015/12/26

今年もありがとうございました。

Fotolia_75723791_xs

12月も残すところあとわずか。
忘年会シーズンも終わりに近づきましたが、皆さま胃腸の調子は大丈夫でしょうか?
ボクはもう、しばらくはお酒いらないです…。

さて、当社は本日12月26日をもって仕事納めとなります。
厳しい一年ではありましたが、無事年末を迎えることができました。

これもひとえに、みなさまのご協力のたまものです。
ありがとうございました。

来年が皆さまにとって良い一年でありますよう、心よりお祈り申し上げます。

尚、年始は1月5日(火)より業務開始となります。
来年もどうぞよろしくご贔屓のほど、お願い申し上げます。

PHOTO:© moonrise- Fotolia.com

2015/12/23

メリークリスマス!

Fotolia_68547946_xs_2

メリークリスマス!
すてきなクリスマスをお過ごしください。

PHOTO: © Route16- Fotolia.com

2015/12/03

干渉しすぎない。

Fotolia_72482553_xs

どこの国にも、その国の価値観や内包している文化的な世界観がある。

なのに、欧米先進国は「自分たちの価値観こそ最上」という思いあがりで、その国々が大事にしている価値観を上書きしてしまう。

結果、文化的な多様性が奪われ、それに反発を覚える人々が増え、安全保障面で混乱をもたらす。

多様性を認め合うことが世界の安定には一番の近道なのに、それぞれの文化的・宗教的背景もあってそれができない。

3人集まれば意見や嗜好が合致することは無理なのに、全世界的にみんなが同じ価値観を共有することなんて到底無理!

「ボクはこう思うけど、あなたはそう思うのね」と、尊重するというよりは、干渉しすぎないことが大切なのでは?

PHOTO:© hamadesign_1019 - Fotolia.com

2015/11/20

反省と後悔。

Fotolia_90725495_xs

誰でも「あの時、あ~してれば良かった…」と思うことは多々ある。

でも、その気持ちから沸き起こるエネルギーを、“今”に生かす『反省』とするのか?
それとも“過去”を惜しんでいつまでも思い続ける『後悔』とするのかで、その人の人生は大きく変わる。

なぜなら、いくら『後悔』したって“今”を好転させるエネルギーにはならないから。

例えば、「あのとき〇〇さんと結婚していたら…」なんて思ってたら、現実の奥さんのイイところまで見えなくなっちゃうんじゃない?

どんな悪妻であろうとも、好きになって結婚したんだろうからどこかしらイイところがあるハズなのに、「選ばなかった未来」を妄想して現実から逃避していては、目の前にある幸せまで逃がしてしまうことになりかねない。

なので、「あのときの〇〇さん」と別れた時の自分の悪かったところを反省し、今の奥さんとの夫婦関係構築のための反省材料とすればイイだけ。

何ごとも“過去”にとらわれて“今”を疎かにしてしまっては、うまく行くこともうまく行かなくなる。

“今”をめいっぱい生きよう!

PHOTO:© beeboys - Fotolia.com

2015/11/13

あっけらかん。

Fotolia_68695981_xs

ボクの奥さんはタイ人だ。
なので、以前は日本語がヘタクソで、日本の文化風習にも疎かった。
だから、ボクに何かをやってほしいときは、お国柄もあってかストレートに「〇〇して!」とあっけらかんとタイ語で言って来ていた。

でも、もう来日して10年。
すっかり日本人的思考が身についた彼女は最近、「悪いんですけど〇〇してくれませんか?」と、日本語でいかにも奥ゆかしい日本人的表現をしてくるようになったのだ。

が、なぜかあっけらかんと「〇〇して!」と言われていた時より、気分が悪いボク…。
『悪いと思うなら頼むんじゃねえよ!ボケぇ~!!』とか思っちゃうボクは、性格が捻じ曲がってるんだろうか??

でも、何ごともあっけらかんと言っちゃう方が、あれこれ考えるよりスムーズに事が運ぶってこと、あるよね?
なので、この『あっけらかん』って、人生において結構大事なんじゃないだろうか?

ボクも、も少しあっけらかんと頼みごとをしてみようかな?

PHOTO:©icsnaps - Fotolia.com

2015/10/30

東京モーターショー2015

201510301

本日より一般公開がはじまった東京モーターショー。

ヤシカ車体は、東1ホールの屋外にある日本自動車車体工業会のブースに、製品案内のパネル展示とパンフレットを置かせていただくとともに、ブース内の大型モニターで会社紹介の動画を流しております。

機会がありましたらぜひお立ち寄りください。

ちなみに、その動画はコチラです。
https://www.youtube.com/watch?v=APEBQVQmgXw&feature=youtu.be

2015/10/09

愚痴ばかり言う人と仕事をしてはいけない。

Fotolia_92151114_xs

愚痴というのは、問題を指摘しつつも、自分自信はその解決をする気がない人が発する言葉。

斜に構えて「だからウチはダメなんだ」とか知った風でモノを言う割りに、実績をつくって上にあがるわけでもなく、うだうだ言ってるだけで結果を出さず、なのにわけのわからない自信を持ち上から目線なヤツ。

あなたの周りにもいませんか?

問題を指摘できる観察力があるのなら、率先してその解決に尽力すべきだし、そうすれば組織内での評価も上がるハズなのに、そこまでする気はなく、安全地帯でワーワー言うだけ。

このようなヤツは何をやっても愚痴ばかりを言い出し、最後は邪魔をしてくる人になるので、付き合ってはいけないし組織に入れてはいけない。

ちょっとの異物が、組織をメタメタにしてしまうこともあるのである。

PHOTO:© Laurent Hamels- Fotolia.com

2015/09/25

2015タイ国際トラックショーへ行ってきました。

Itts1

Itts2

Itts3

Itts4_2

9月17日から19日までタイのバンコクで行われた『2015タイ国際トラックショー』へ行ってきました!

失礼ながらもっと小さい細々としたイベントを想像していたボクは良い意味で期待を裏切られ、広い会場には各社のトラックやボディー、装置等が並び、それらを彩るスポットライトやネオンが煌めき、そしてそこに華を添えるコンパニオンが魅惑の微笑みをおくる、とても盛大なイベントでした。
3Dシアターでは子どもたちが列をなし、ステージでは音楽のライブやダンスの披露もあり、もうお祭り気分。
一方、ボデー屋としての目線で今回の出品車両をみてみると、我々の常識とは別次元の製品を目の当たりにして驚くことも多々ありましたが、逆に 『あ、そうか!』と目からウロコな発想の商品も多数あり、いい刺激になりました。
今回特に印象的だったのは、フルハーフマハジャックさんやジャパンボディーさんのような日本のボデー屋さんが、現地での製造・販売に乗り出していること。
タイは新興国から中進国となり、人々の暮らしも豊かになったことで、これまでより輸送の質が求められる環境になりつつあるので、日本企業の高品質なボディーの需要は少なからずあるのでしょう。
さらにアセアン域内での物流自由化によって、タイだけではなく東南アジア全域を市場と捉えることもできるので、計り知れない潜在需要がこの地域にはあるハズ。
日系ボデー屋さんの今後の活躍に期待をするとともに、我が社も何かの形でこの市場に関われたらなぁ~と強く思えるショーでした。

2015/09/16

お見舞い申し上げます。

このたびの鬼怒川水害で被災された皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

また、皆さまからは弊社に対しても多大なるご心配、お心遣いのお言葉を頂戴し、厚く御礼申し上げます。

弊社は、坂東サービス工場の電気供給が断たれて3日間休業を余儀なくされ、お客様に貸し出していた代車が一台水没したものの、その程度の被害で済んでおります。

無駄だと言われるダムや土木工事。不要だと言われる自衛隊。
そういうものがどれだけ必要なのか、今回の水害では改めてわかった気がします。

当たり前にある平和って、一見無駄や不要に思えるものもあって、はじめて成り立つんですね!きっと…。

被災された皆さまが、一日でも早く安心な暮らしに戻れるようお祈りいたします。

2015/09/10

ヤシカ車体紹介動画。

1_2

ヤシカ車体の紹介動画ができあがりました。

ものづくりの会社にありがちな「シャキーン!」「ズバーン!」って感じのカッコ良さや『硬さ』を避け、肩の力が抜けた作品に仕上がっており、ボク的には気に入っておりますので、ぜひご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=APEBQVQmgXw&feature=youtu.be

2015/09/04

月刊ザ・トラック。

Thetruck201509smal

『月刊ザ・トラック』平成27年9月号「時代を語る車体人」のコーナーに、ボクのインタビューと会社・製品案内が掲載されました。

小さくちょろちょろっと掲載されるだけだろうと思っていたら、なんと見開き4ページに亘って紹介していただいちゃいました!!

このブログのことまで書いていただいちゃって、嬉しいやら気恥ずかしいやらですが、機会がありましたらぜひご覧になってみてください。

2015/08/25

もう良い?

Fotolia_59854322_xs

「相手がもう良いと言うまで謝罪を」と言う人がいるが、有利な立場でいられるから相手はもちろん「もう良い」などと言うはずがない。

そこには、終わりなき謝罪の無限ループが続くだけ。

PHOTO:@Tom Wang- Fotolia.com

«『なぜ?』を知ること。